DJI Mavic3のGPS受信問題の遅延について

こんにちは、スカイアイジャパンの今井です。 

 

2022/05/23 加筆

DJI FLYに最新のファームウェアが来ましたがGPSの問題は直ってませんでした。むしろ遅くなってるような。

※2022年4月11日現在で Ver1.6.2

 

国内ではそこまで話題にはなってませんが、DJIの最新ドローンMavic3がGPSの受信問題を抱えています。

私のMavic3も同様の問題を抱えているので気が付きました(笑)。

 

ドローンの場合、離陸前にGPSをある程度捕捉するとホームポイントと呼ばれる「緊急事態の時にここに戻ってくる」という場所の特定をするんですが、この特定に90秒かかるんです。

DJIの最新のドローンの場合、だいたい30秒ぐらいで特定できます。

本体を起動し、画面上に現れる計器類を確認している間にだいたいホームポイントの特定が終わるんですがこれが中々終わらない。

結果的に90秒はかかることがわかりました。

例えばPhantom4 Proは2017年発売で既に旧型の部類に入りますがそれでも1分切るぐらいでホームポイントの特定に至ります。

 

旧型よりも時間のかかるMavic3・・・

このことは私がドローンを購入しているお店にも報告しているんですが、「そのような問題の報告はまだ聞いてません・・・」とのこと。けっこう大きいお店なので知っていてもおかしくないのですがそうでもなかった。

 

ですが、今日お店の方から電話があり、お店のデモ機も同様の問題に遭遇したと。

よかった・・・(?)。

それで解決法ですが、今度のファームウェアのアップデートで解決されるようです

 

どちらにせよ、機体は発売して1年経っていないのでメーカーに返却・交換というのも頭の片隅にいれておくのもいいかもしれません。

 

それでは。

 

今井浩介