ドローンに関することで知っておいた方が良いこと

ドローンにまつわるエトセトラ

2022年4月現在、ドローンに関する法整備が徐々にですが整いつつあります。

これは裏を返すとよくも悪くもドローンに関する法律が細分化・複雑になってきていることでもあります。

しかし、実際にドローンに関わり事業をしている我々でも「ここってどういう意味なんだろう?」ということがよくあります。となると、特にこれからドローンを始めようとされている方や始められたばかりの方は

  • ドローンスクールを卒業すると何ができるか/得られるものはなにか
  • なにから理解すればいいのかわからない
  • これからドローンはどうなるのか

と疑問に思われるのではないでしょうか。

そこでまずはこのページにてよく言われているドローンの「許可証」や「免許」がどう関わってくるのかという側面からだいたいこういうものだよ、と概要を解説していきます。

こちらを読んでいただき、興味が湧いたり、もっと理解してみたいと思われた方はぜひ、スカイアイジャパンのドローンスクールも検討してみてください!


公的なものは国交省の発行する許可・承認書のみ

2022年現在、公的な機関から発行される許可証は国土交通省から発行される俗に言う「飛行許可証」というもののみです。

※正式名称は「無人航空機の飛行に係る許可・承認書」

 

よく巷で「ドローンにも免許証が・・・」というのはだいたいこれのことをさしていて、それ以外は「民間の認定証」となります。

 

さらに、現在ドローンを操縦する方が所有する許可証や認定証は大ざっぱに2パターンに分けられて

  1. (国土交通省の発行する)飛行許可証
  2. 民間の認定証

となります。

 

 

 

国交省の発行する飛行許可証・承認書には一定のルールがある

さて、ここで国交省の発行する飛行許可証ですが、これは申請する際は国土交通省の定めるドローンに関する飛行技術や飛行時間の条件を設定をクリアしていなければなりません。詳しくはこの項目では省きますが、それらをクリアできていればDIPSと呼ばれるオンラインシステムを介して申請する仕組みとなっています。

 

ここまで来ると「じゃあドローンスクールの発行する民間の認定証は意味がないのか」というとそうでもありません。民間のドローンスクールには国土交通省の定める飛行技術などの条件に更にプラスアルファで独自の技術や知識を教えるところがあるからです。

 

ドローンスクールはだいたい下記の2種類にわけられます。

 

   A.国土交通省の定めるドローンに関する基準に加え、独自の知識や操縦方法を教えている(ドローンスクールA)

 

   B.国土交通省の定めるドローンに関する基準のみを教えている(ドローンスクールB)

 このように国土交通省の定める最低限の基準のみを教えているのか、それとも更に色々教えているのかで今後のご自身のドローンライフが変わってきます。

ここは各ドローンスクールの運営方針ですので、受講前に聞いてみればだいたい教えてくれます。

ただ、独自の知識や飛行技術を教えているドローンスクールが「どれほどのレベルの独自の内容を教えてくれるのか」これはもう実際に行ってみないとわかりません。

 

また、余談ですが国土交通省の定めるドローンに関する基準に全く関係なく教えているドローンスクールも少ないながらもあります。

ちなみに当スカイアイジャパンは「ドローンスクールA」にあたり、むしろ国土交通省の定める技術や知識は必要最低限のものと位置付けし、さらなる実用的な知識や技術をお伝えしていきます。

これから先、ドローンの許可証は4パターンに分けられる

国土交通省の許可証とどのように関わっているのかはそこのドローンスクールの運用方針による、ということですね。

ですので極端な言い方をすれば、「3」のような国土交通省の許可証とは全く関わっていないが「ものすごい知識や操縦技術を教えている」というスクールもある、ということです(相当、レアだと思いますが)。

正直なところこれらは実際に入校してみないとわからないので辛い部分もあります。私も何件かドローンスクールを運用されている方や実際に入校された方をしっていますが、本当にまちまちで実際に聞いてみて「ああなるほど、そういう方針で運用されているのか」とわかることもかなりあります。

 

ちなみに当スカイアイジャパンのドローンスクールは「2」です。

 

国土交通省の定める基準はしっかり守りつつ、それ以外で確実に必要となるドローンの知識や技術をお伝えしています。

最新ニュース

2022年7月29日千葉県幕張の浜にて千葉工業大学、グリーンフロント研究所(株)とマイクロプラスチックを発見するための共同研究・撮影第一回を行いました

2022月6月10日千葉県にて調査を行いました

2022年6月2日 愛知県佐久島にて海藻の調査を行いました

2022年5月26日滋賀県にて護岸の調査を行いました

2022年5月19日 愛知県新城市の湿原にて熱赤外線カメラを用いた調査撮影を行いました

2022年4月 国土交通省のHPにドローンスクールが掲載されました! P.148のところです。

飛行許可証などに必要な技能認定を行うことができます!

2020年12月28日 田村装備開発様主催「子供達を護る」プロジェクト、「ドローンを利用した危機管理」について執筆させていただきました

2020年3月20日 応用生態工学 22(2)号にドローンと熱赤外線カメラを使った論文が掲載されました!

2019年3月1日

田村装備開発株式会社様と共同でドローンスクールを開催することになりました!

2018年12月19日

出川哲朗さんのお正月番組、「出川哲朗のこれがMAX!」のドローン撮影の協力をさせていただきました。

2018年11月14日 永保寺様にて撮影をさせていただきました!

2018年11月27日 徳島・三嶺にてシカの獣害調査を行いました!

2018年9月1日 京都学園大学様とドローンを使った共同研究が決まりました

詳しくはコチラ

2018年8月25日 徳島・剣山、三嶺に獣害調査に行ってきました→詳しくはコチラ

2018年7月15日

ホームページリニューアルしました。

2018/10/29

ドローンスクール応募開始しました

詳しくはこちら

代表プロフィール

今井 浩介(イマイ コウスケ)

1984年生まれ。

医療系、立体視(3D)に関する大学研究室に所属。大学院卒業後、英語関係の出版社に勤務する傍ら通訳や大学で英会話の授業もしていました。

はじめてのドローンは2014年、parrot社のARドローン2.0で、その後ドローンの魅力にはまり今に至ります。

 

撮影・書籍執筆経歴

・テレビ番組撮影

・新聞、Yahooなどのインターネットニュース、雑誌用の撮影

・田村装備開発株式会社主催「子供達を護る」書籍執筆

・企業用プロモーション動画の撮影、編集

・大学とのドローンを使った環境調査の共同研究、論文作成

・ドローンに関する書籍の執筆

・行政機関向け広報の撮影

・ドローンインストラクター

・ミリブロNewsオフィシャルライター

 

などなど。


お問合せ

ドローンの撮影・ドローンスクールなどは料金も含めわからないことがいっぱいあると思います。

そんなときはぜひお気軽にご連絡下さい!

メモ: * は入力必須項目です


ドローンスクール、相談所の開店時間

11:00〜19:00時

定休日:不定休